子供の頃からの白髪とヘアドネーション

女性にとって髪はとても大切なもの。

小さい時は何も考えずにいましたが、今思えば、それはそれは大惨事だった!!と思います。気にせず生きられていたのでしょうね。小学生の頃から白髪がありました。よく食生活が乱れていると、とか悩み事があると、とか言われますよね。偏った食事、精神的な悩み。どちらもあった時期だったなぁ。

悪い口コミは本当?ボタニカルエアカラーフォームの実力を辛口評価でお届けします!

今のように、髪に直接噴霧する黒や茶色のスプレーなんて存在も知らず、ただ伸びて来ては抜く!の繰り返しでした。休日になると、母が私の頭を見て、白髪を探す。抜く。痛い痛いと叫ぶ私。

抜く時は涙が出たこともありました。子供の毛根のなんと頑丈なことか!なかなか抜けなくて力一杯ぬくものだから、大騒ぎでした。今となっては、懐かしい思い出です。

現在も頭皮全体に白髪が出ております。しかし、今はお金を稼ぐことが出来るので、美容院へ行って白髪染め(今はカラーと言うんですね)したり、まだ1cmほどしか伸びてなくてあまり気にならない時は白髪隠しのスプレーを目立つ分け目だけに噴霧したり。

まぁ、白髪染めをしても、数ヶ月前に染めた部分がキラキラと明るくなって数秒固まることもありますが、自分が気にならなければ良いのだ!と言うことにも気付きました。他人様はそんなに私の頭をしげしげと見てるわけじゃないのよ。自分次第なのよって、言い聞かせる時もあるのですがね。

こんな私も実は「ヘアドネーション」に挑戦中なのです。数年前にも挑戦しようと思ったものの、志半ばでバッサリショートカットにし、美容師さんからは不評でして。でも、自分がしたかったんじゃい!!と、ヘソを曲げながらも、また数年が経ち、生きてる間、人のためになることを一つしても良いんじゃないかと、改めて挑戦したのです。まだまだ到達しませんが、その間も髪と仲良く喧嘩しながら生きていこうかな、そんな毎日であります。