私のニキビ肌の27年間

小学5年生からポツポツと額に出来始めた私のニキビ。ずっと悩まされ色々な化粧品を試し、そして皮膚科に通い続けた何十年。

評判通り?ミコブルームファンデーションを実際に使った口コミを辛口評価でお届けします!

地獄の様な何十年。憧れていたメイクもニキビのお陰で全然ダメ。普通の女の子なら楽しいメイクなのに私の場合、メイクで余計にニキビが目立つ。思春期の時代なんて恋すら出来ないし、好きな人が出来てもニキビ肌だから「嫌われちゃうんじゃないか?」と自己嫌悪になってしまう。

思春期もすぎ、成人になれば少しはマシになるのかなぁ?って思っていたのに今度は大人ニキビに悩まされ「あぁ私の人生ってニキビで終わるのかぁ。

結婚も出来ないのかなぁ」って思っていたのですが諦められず何軒もの皮膚科を渡り歩いていたらドンピシャな皮膚科医に辿り着き、当時では最新で認可された「ディフェリンゲル」という塗り薬で治療が始まりました。そしてどんなけ自分の肌の角質のターンオーバーが悪かったのかを実感しました。

ディフェリンゲル治療から7ヶ月頃、次第に新規のニキビが出来なくなりほぼ全滅したけれどもなかなか完治には至らず次のステップで当時はまだ認可されていなかった「過酸化ベンゾイル」を使用した治療が始まりました。

当時日本だけまだ過酸化ベンゾイルがなかなか認可されず保険外なので処方薬代が高くて大変でしたがここまでやっときたのだから絶対に完治させてやる!って思い保険外治療を続けた一年後、完治にたどり着きました。それからはスキンケアに没頭しあれだけ汚いニキビ肌だったのがツルツルしています。あの時、諦めなくて良かった、何事も根気と継続が必要なんだなと思います。