日焼け後の肌をUVケアするには?

部屋の灯りの下で肌を見ると、真っ黒に日焼けしてしまっていることに気がつきます。日頃のツケが蓄積してしまって、いつの間にか、色黒さんに。本来の色白のお肌へ戻りたい!そんなお悩みに対応します!

http://www.pradio.org/

ケアが後からでも、サンスクリーンを塗布しましょう
お化粧品の役割は、肌トラブルの予防と言われています。すでに日焼け後の肌には手遅れでは?そんなこともなく、日焼けしている肌にもサンスクリーンは間に合うのです。
日焼け後の肌には、肌の色みよりも濃い目、あるいは同じ色味を選ぶこと!逆に薄いと仕上がりが見映えしません。

日焼け直後の肌はデリケート、一旦冷やしてから!
肌の日焼けの直後ではお肌が過敏になっています。火傷に近い状態であることも。まずは保冷剤や氷水などで日焼け肌を鎮静させていきましょう。
真っ赤に腫れ上がっているときは、ケアはひとまず置いておきます。無理せずに鎮静のために様子を見ます。じんじんとした痛み、腫れが引いたと思ったら、美白ケア、保湿ケア、日焼け止めなどのお手入れを始めていきます。

日焼けは地域によって、対策を講じていたとしても焼けてしまうということがあります。夏、未踏の地へ行く時は特に気をつけて紫外線対策を講じるべきです。