「子育て」カテゴリーアーカイブ

我が子の落ち着きならプライベートでも大丈夫

先日買い与えた双眼鏡を我が子が大変気に入ってくれてこちらも嬉しかったのですが、好奇心旺盛な子供からは、自然観察に行きたいと早速のリクエスト。そこで早朝起床を約束した上で、近郊のボランティアが主催している野鳥観察会へと我が子を連れてゆく事にしました。http://www.comptoircorail.com/

自宅近郊には徒歩で簡単にアクセス出来る緑地公園が多く、いつでも豊かな自然と触れ合えます。私自身単独で子供を連れて行っても良かったのですが、集団でのマナーやルールを学ばせるなら他人と一緒の行動も必要だろうと、思い切って観察会に参加する事となったのです。

ボランティアの人は子供の扱いにも大変慣れている様で、我が子も良く懐いている様。静かな行動が必須の野鳥観察会でも変に騒ぎ立てる様な事は無く、落ち着いた行動で様々な野鳥の活き活きとした姿を観察する事が出来ました。

早速お気に入りの双眼鏡を実戦投入出来た事で、我が子も大満足の表情を浮かべていました。

これだけマナー良く観察出来るのであれば、私自身が趣味としているプライベートな野鳥観察・撮影にも我が子を連れてゆけるのでは…と期待を持ち始めました。

本当ならもう少し時間を置き、だんだん馴らしていきたかったのですが、我が子の好奇心に満ちた目の輝きが失われないうちに次の手を打った方が良い…と、現在ベストなスケジュールを思案しています。

子供と一緒にお味噌汁作り

子育てをしていて悩みのひとつの中に、食べ物の好き嫌いはないでしょうか。かくいう私も二児の母として、毎日どうしようかと頭を悩ませています。

その中で効果的だったものをご紹介します。

http://llln.org/

野菜を食べないことについてですが、我が家では一緒に作るということをしています。もちろん、時間と気分に余裕のあるときにしかしていませんが……。簡単なものでかまいません。我が家でよく作るのはお味噌汁。子供と一緒に包丁を持ち野菜を切ります。包丁が使えないもっと小さい子供には、葉物野菜を手でちぎるだけで大丈夫!お味噌汁ですから、少々大きくてもしっかり煮込めば大丈夫。ここで「上手に切れたね」「これはおいしくできそうだわ」と、子供を持ち上げることを忘れずに。

できあがりを「すっごいおいしい!」と、いつもより少々オーバー目のリアクションでいただいてみてください。そうすれば子供たちは「自分で切った(ちぎった)野菜、おいしいでしょ」と得意げになり、いつもよりもよく食べてくれること、間違いなしです。

それから目の前で調理をするのも効果的です。先ほどのお味噌汁、家族で鍋料理をするように、食卓テーブルの真ん中に置いて調理してみてください。野菜が煮えていく様子を観察しながらだと楽しいですよ。

子育てに忙しい日々。子供たちとのふれあいの時間をもってみませんか。

姉弟によって全く違う性格

姉と弟と異性の姉弟ですが、全く性格が違います。姉のほうは活発で運動神経も勉強も飲み込みが早く、勉強などに関しては全く手がかからない状態ですが、弟の方はゆっくりとした性格で赤ちゃんの頃から大人しく、大人しすぎているのを忘れてしまうくらいでした。運動神経も活発な方ではなく、小学校一年生の頃から授業についていけない部分があり、宿題をゆっくりと教えてあげると理解できて、一度理解すると正確に宿題を終わらせていきます。

http://www.pikestrikesweden.com/

しかし、姉の方は出来るのに宿題をするまでに時間がかかり、しまいにはやりたくないと泣き出す始末です。何故出来るのに、そんなに宿題を嫌がるのか分からないですが、弟はやりたいことがあれば宿題もすぐに終わらせます。全ての事に関して対照的すぎて、対応の仕方にとまどってしまう部分があります。一つ共通の部分があります。それは友達関係です。

友達関係を築くのが二人とも苦手で自分から入っていくことができません。赤ちゃんの頃から人見知りが酷かったので、その為人見知りが酷いのかもしれません。それだけ性格が違うけど姉弟喧嘩は酷く毎日のようにあってます。今は姉の方が強いですが、弟も大人しいとは言え、男なのでそのうち逆転するだろうと思ってます。