赤み、くすみ、たるみ

さほど年齢に抗ってきたわけではない。

特別なスキンケアをせず、安い化粧水をばしゃばしゃ使ってきたし、たまには顔も洗わずに過ごす日もあった。

nicoせっけんの効果と私の口コミ!最安値で購入可能な通販サイトもご紹介!

40半ばを迎えた今、もちろん悩みがないわけではない。

まず、赤み。

主にUゾーンだろうか。目の下から小鼻の脇あたりが、まだらに赤い。毛穴も目立つし、不健康そうに見える。

赤みは乾燥によるものだと書かれていた記事を読んだような気がして、丁寧に化粧水を入れるようにしたが、今のところ改善される気配はない。

それからくすみ。

シミはもちろんあるし、とにかく、明るさがない。

どんなに表情を明るくしても、肌が明るくなければ全体的に暗い印象になる。

これは鏡を見て、いつものように笑ってみたとき、自分で思ったものだ。

最後にたるみ。

目の下、頬、口元。

これはひどい。とにかくひどく疲れて見える。

たるみがあるから表情も暗いのだ、と思い、表情筋を鍛える体操を色々とやってみている。

効果のほどは、今のところ不明。

表情筋を鍛えるというのとは別の話だが、歯科医に指導された舌を動かす体操があって、これは結果的に表情筋にも効くのでは、と思い、やっている。

「あいうべー体操」というもので、単純に口を大きく開けて「あ・い・う・べー」という形をつくるものだ。

「べー」のときには舌を思い切り出す。

高い化粧品を使うことももちろん有効だとは思うが、食生活、睡眠、そして表情など全ての要素が肌に関係していると思うので、それらを改善することが、結果的に肌の状態も良くするものだと信じている。

赤み、くすみ、たるみ。

これらとうまくつきあいながら、年齢を重ねていこうと思う。